• ホーム
  • スーパーPフォースにも副作用はあるので事前に確認

スーパーPフォースにも副作用はあるので事前に確認

海を散歩するカップル

勃起障害と早漏症の2つの症状を同時に改善することができるとされるスーパーPフォースは、海外で人気が高く手頃な値段と使い勝手の良さからリピーターも多くなっています。
日本では未認可となっていて、取り扱いのある病院もないため、購入は個人輸入代行サイトからと限られますが、利用している人も少なくないようです。
スーパーPフォースに配合されている成分は単剤で2つの症状に対応しているわけではなく、異なる成分を配合したハイブリッド薬のようなもので、勃起障害にシルデナフィル、早漏症にダポキセチンが使用されています。
この2つの成分は、それぞれに治療薬として認められていますが間違いなく安全というわけではない点に注意しましょう。
異なる薬剤で副作用が発症するリスクを孕んでいて、シルデナフィルでは軽度な症状に頭痛、顔のほてり、めまい、動悸といったものがあります。
また、背中や関節に痛みを感じることがあり、頻脈などの症状を起こすこともあります。
これはシルデナフィルが血管を拡張することから起こる症状のため、効果が切れるに従って副作用も消失するのが特徴です。
特に気にする必要はありませんが、効果が切れても副作用が続く場合は服用を中止して受診するようにしましょう。
また、早漏症に使用されるダポキセチンは、抗うつ剤のSSRIと同じ作用機序を持ち、自律神経に作用することから精神的な問題を引き起こすことがあります。
報告されているものでは頭痛、めまい、嘔吐、吐き気、疲労感、睡眠障害などで、喉の渇きを覚えることがあるため、服用時には多めの水を使って飲む必要があります。
安全性は確立されていて、過度な副作用は起こらないようですが、稀に重度の副作用が起こる可能性もあるため、スーパーPフォースを服用する前に予め確認しておくことが重要です。

アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索